活動レポート

平成24年12月11日 ドキュメンタリー映画「いのちのまつり 地球が教室」上映会 昼の部 開催

平成24年12月11日 ドキュメンタリー映画「いのちのまつり 地球が教室」上映会開催 in 札幌

札幌にてご要望の多かった昼間の上映会です♪

この映画が、全国で上映されるようになり…人々のものを見る目が『いのち』にシフトしていったとき、地球は変わっていくと思います(^O^)

平成24年11月25日 ドキュメンタリー映画「いのちのまつり 地球が教室」上映会 in 余市活動報告

平成24年11月25日。
ドキュメンタリー映画「いのちのまつり 地球が教室」の上映会を余市町で開催させていただきました\(^^)
70名を超える余市町の方々と感動を分かち合うことになりました(^O^)

これからも北海道に住む方々と、いのちに視点をシフトしていきたいと考えています。

平成24年11月8日 ドキュメンタリー映画「いのちのまつり 地球が教室」発売記念先行上映会開催活動報告

平成24年11月8日。
ドキュメンタリー映画「いのちのまつり 地球が教室」の発売を記念して、いち早く北海道の方々へ、映像を通じ、感動を共有できました。

◎参加者の皆様の感想(^O^)

・目には見えない感性を育てるということに強くひかれました、子育て中の娘に映画の内容を話したいです。

・素晴らしいのひとこと、この映画が素晴らしいことをあらゆる場面で伝えたいと思っています。

・まだ親になっていない私が、どんな活動をしていけるだろうかと考えを深めることができました。”世界は変わってきている”ことを確信できた内容でした。ありがとうございます。飲食店の会場提供・イベントなどで読み聞かせをしてみたいです。

・いろんな良い言葉を聞かせていただきました。

・今日は本当に見ることができてよかったです。大人に見せたい映画です。子供は地球のためにきている子がほとんど、あとは大人が目を覚ますだけですね。それぞれが魂の輝きを思い出すことのために地球が教室を広めたいです。

・とても素晴らしかったです。一人でも多くのかたに伝えていけたらと思います。

・先日の上映会でも見せて頂きました。今日のことをfacebookで告知させていただいたところ友人が興味を持って一緒に観に来ました、何度観てもいいですね、祈りの授業 とっても好きです。

・もっと自分が積極的に楽に素直に生きる生き方を選択していこうと思いました。お互いに助け合える生き方を選んでいきたいと思います。

・さっき聞いて観に来ました。もっとこのようなことを大人に広めて頂けたらと思います。

・心に染みました。いのちの大切さを広めていきたいです。

・感性を大切に素直な心で人との関わりをつづけていきたい。悦びと共に未来に向かって。ありがとうございました。

・この映画はずっとみたいと思っていたのでとても嬉しいです。それぞれの人たちの言葉がとても深くて考えさせられました。この映画はいろんな人々に観ていただけたらいいなぁと思っています。身近な人たちに伝えたいと思います。

・今日は本当に映画を観てとても良かったです。まだ子供はいませんが出来た時また近所の子供にも今感じる心で接して行きたいです。知人にもこの映画をおすすめしていきたいです。

・草場監督の思い、想いに共振・共感しています。「時は今」虹の龍と共に飛び立とうと思います。「ありがとう・おかげさまで」と言い続けます。

・今朝facebookで知って観に来れたのは計らいです。あ~よかったありがとう。多くの方に伝えたい内容が満載でした。とにかくいろんな場所で伝えていきます。

映画「いのちのまつり 地球が教室」 映画発表前プレミア上映会 in 札幌モエレ沼公園活動報告

映画「いのちのまつり 地球が教室」 映画発表前プレミア上映会 in 札幌モエレ沼公園

平成24年10月31日。
ドキュメンタリー映画「いのちのまつり 地球が教室」の発売を記念して、正式発売前にプレミア上映会を行いました。

「地球が教室」の名前にふさわしい、
緑あふれる、札幌の「モエレ沼公園」で、先行上映会を開催しました。

北海道内、遠くは函館・道北からも、総勢50名以上の方々に参集いただき、感動を共有することができました!

ありがとうございます(^ ^)

2012.9.20 動く絵本読み聞かせ 親子イベント ☆ 聖ミカエル幼稚園活動報告

2012.9.20 動く絵本読み聞かせ 親子イベント ☆ 聖ミカエル幼稚園

札幌市東区の聖ミカエル幼稚園にて
『いのちのまつり・おかげさま』の動く絵本読み聞かせ2話を親子でご参加いただきました♬
園児はもちろん、お母さん達も笑顔で素敵なひとときをすごしました


参加者の声
絵本とは違った感じで良かった。
親が改めていのちのつながりを感じることで子供にも伝えることができる気がしました。

page top